オリンピックと日本

 

1940年「幻の東京オリンピック

 2020年の東京オリンピック誘致に成功したのは、実は3回目です。晴れある1回目は、1940年に東京オリンピックを開催する予定でした。しかし 1940年の東京オリンピックは開催国が返上を決定した唯一の事例になりました。なぜ返上しなければならなかったのか本来であれば、明治維新以降富国強兵を図り、日清戦争日露戦争の勝利を得て一等国の仲間入りをはたし、アジアで最初のオリンピックを開催し、国の威信を誇りたい、日本国民なら誰も願っていたと思います。しかし日中戦争勃発とナチス・ドイツのヨーロッパ侵略がそれを許しませんでした。日本に対して反戦抗議として各国のオリンピックボイコット、前回大会のドイツ大会を、ヒトラーがオリンピックを宣伝に悪用しその二の舞の懸念など、IOC関係者は、苦渋したと思われます。

 

1964年 東京オリンピック開催

 1964年東京オリンピック時のIOC第五代会長であるブランデージ会長は「七つの海を結びつけ、オリンピック大会が全世界のものである証左として、東洋で行われるこの大会を、平和を愛好する若人の喜びの祭典として、皆さまに捧げる。」と開会式で演説した。これは1940年当時に日本のオリンピック関係者にオリンピック返上を説得した内容をメッセージとして読み上げたのではないかと考えてしまいます。(※ブランデージ会長 1940年当時アメリIOC委員会の一人 1940年大会の参加国のボイコットを牽制し、日本オリンピック関係者と協力し、オリンピック開催に尽力していた。)我々の国の先人たちは、開催国として「平和の祭典」にふさわしくないと判断し開催国を返上しました。1940年の英断が、多くのIOC委員の心に刻まれ、1964年の東京オリンピックを招致するうえで、大きな財産になっていたのではないかと思います。

 

 

2021年 東京オリンピック開催予定

 2020年東京オリンピックを開催する予定でしたが、コロナ禍により延期しました。1年の延期で、コロナ禍が落ち着いたわけではありませんが、コロナ対応を行いオリンピックを開催する予定です。ここ最近まで開催か中止か、半々の意見でしたが、池江璃花子選手(水泳)の存在が、潮目を変えたように思います。彼女は、病気になったことにより2020年のオリンピックは、出場を断念していました。本来であれば、次回オリンピックを目指す予定でしたが、コロナ禍のせいでオリンピックが1年延期、その1年間で病気治療、リハビリを行い、東京オリンピックに出場することが出来るまで復帰しました。そこまでの過程は、並大抵の努力ではなかったと思います。その背景をほとんどの国民は知っています。流行病はたしかに怖いです。人類は、流行病との戦いでした。流行病が怖いからといって、生産活動を停止しても社会が成り立ちません。流行病と共存していくことに舵をきれば、オリンピック開催も無理な話ではないと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

藤浪晋太郎(阪神)投手

 今年は、プロ入り初めて開幕投手の大役を任され、過去2回の登板で勝ちこそ、付きませんでしたが、ゲームを壊すことなく、時折四球をだしながらも、それらなりにまとめていましたので、「勝ち」がつくのは、時間の問題と思っていましたが、3回目の登板で初勝利を飾りました。(阪神○xDENA●)

 

続きを読む

幸福度が上がる相手、下がる相手

中国の台湾産パイナップル禁輸措置

 台湾産のパイナップルが中国の嫌がらせを受けて、輸入ができなくなりましたが、捨てる神あれば、拾う神あり行き場のなくなったパイナップルは、日本で購入するようにしました。しかしそれは、当然の行為です。

 

 

情けは人のためにならず

 東日本大震災から10年、各国からは様々な支援を受けました。その各国の一つ台湾のことを書きたいと思います。「義援金約200億円」ばかりが注目されがちですが、それよりも「被災者たちが大変感謝した。」ことにふれようと思います。「台湾慈済基金会」日本支部の人々が、トラックと自家用車を連ねて、現地に赴き、炊き出しを行いそれ以外にも現金配布も行われたそうです。一世帯7万円、一人暮らし2万円、このことは現地で知らない人はいなかったそうです。しかし報道では、取り上げられませんでした。それから10年、日本の人々は、毎年台湾の人々に感謝の意を伝えているそうです。それらを下記4コマ漫画で表しています。風刺が中々きいています。

1コマ目
 3月11日がやってきた
 日「さてと、いつも通り台湾の支援に感謝するか……」
 台「(それはかなりありがたい)」

2コマ目
 台「(あれっ、後ろに何か見えたような……)」

3コマ目
 背景(日本・東北 ありがとう台湾!大好き台湾!)
 台湾「いや、やりすぎだろ!(赤面)」

 右下の※「最も驚くべき事は、これが10年続いているという事実だ」

4コマ目
 日「パイナップルが中国から禁輸を食らったって?
   台湾に恩を返すチャンスが来たな!」

 台(じっと中国を見つめる)」

 

 

不幸になる相手とは、手を切ろう

  今現在中国は、国際的に四面楚歌状態にあります。目には目を、歯には歯を、制裁には制裁を地で行っています。国民性なのでしょうか。相手に被害を与えることを「良し」としている風潮があります。今後このような国に付き合って、明るい未来がくるととは思えない。そんなこと分からないのだろうか。先だってユニクロ)柳井氏が記者会見時ウイグル問題について質問され「ノーコメント」と述べましたが、柳井氏は、大変な資産家であると思います。しかし自由ではないと思います。資産を持っても、自由がなければ、それって幸せなのでしょうか?話を戻します。柳井氏もまずいのは、分かっていると思います。中国相手と商売をするのは、覚醒剤に手を出すとようなものであと。商売をやめれば売上が減少し経営に悪影響がでてくるし、商売を続ければ、中国から利益と技術を吸い上げられ 企業の廃社に追い込まれるまでしゃぶりつくされる。もうここまで情報が出てきているのだから、中国と付き合うか否かは、分かるはず。経営センスを疑われます。柳井氏記者会見貼っておきます。

www3.nhk.or.jp

 

 

オリンピックの意義

 2021年の夏、東京オリンピックが開催されます。(注:コロナ影響下であっても、政府は、絶対に実施するのではないかと予測。)又2022年の冬、北京オリンピックが開催される予定です。

 

オリンピックは、平和の祭典、政治とスポーツは、別問題である。

 これから①〜④で記載する内容は、オリンピック関連で起こったこと、これから起ころうとしていることです。どれも政治に関連している内容ばかりです。このオリンピックなる平和の祭典は、どこにいこうとしているのか。これは結論の出る問題ではないですが、分岐点に来ているのは、確かです。

聖火リレー

 古代オリンピック聖火リレーは、行っていません。聖火リレーを始めたのは、1936年第11回大会ドイツベルリン大会からです。発案者は、なんとヒトラーです。聖火リレーのルートは、ギリシャブルガリアユーゴスラビアハンガリー⇒オーストリチェコスロバキア⇒ドイツ到着、このルートは、1939年第二次世界対戦においてドイツ軍に悪用されました。ナチス・ドイツは、聖火リレーのルートを逆方向で侵攻していきました。

 

 

②ボイコット

1976年 モントリオールオリンピック(ボイコット国:アフリカの22ヵ国,中国etc)

ja.wikipedia.org

 

1980年 モスクワオリンピック(ボイコット国:アメリカ、日本etc)

ja.wikipedia.org

1984年 ロスオリンピッ(ボイコット国:ソ連東ドイツetc)

ja.wikipedia.org

 

③2021年 東京オリンピック

 韓国は、北朝鮮と友好を深めるために、統一チームなるものを画策していたが、北朝鮮不参加により、平和プロセスは、水疱と化した。

 

④2022年 北京オリンピック

 アメリカのオリンピック不参加表明(流動的)

 

 

 

 

 

「明るいNational」

 ウイグル人権問題が益々ヒートアップしてきているように思います。図式は中国VS

アメリカ+西側諸国と色合いがはっきりしてきました。日本も玉虫色の対応では、逃げ切れないようになってきています。中国の反論の弁は、アメリカに対して、虚偽の写真を基に、黒人差別をしているのではないかと、反論しています。まるで反社会勢力そのものやり方です。このような反論をするということは、かなり苦しいところに追い込まれていると思います。日本は忌まわしい94年の再現(89年の天安門事件より西側諸国に制裁を受けていましたが、日本が、中国の国際復帰に一役かってしまいました。しかもあろうことか、天皇陛下を当時の国家主席 江沢民と会わせてしまいました。)は、止めなければなりません。

 

トランプ政権の置き土産

 トランプ政権の末期に、とてつもない置き土産をおいてきました。中国のウイグル弾圧を、ジェノサイド認定したことです。そこから世界がウイグルに対して注目したと思います。欧米諸国及び日本を含む先進国は、ウイグル人がどのような目にあっているかきずいていたと思います。知らないふりをして経済を優先させていたと思います。それを打破したのは、トランプ政権だと思います。ヨーロッパで、ジェノサイド(集団殺戮)と呼ばれるのは、=ヒトラーと呼ばれるのと等しいとされています。

※中国のウイグル族の強制労働に関与している」と指摘された日本企業14社について調   査結果報告について、ページを張っておきます。

 

パナソニック

 日本企業14社で質問に対して、回答しなかったのは、パナソニックだけでした。どうして回答しないのかそれは分からない。ウイグルの問題は、益々大きくなるのは、間違いありません。その時、強制労働を行ってとしたら、もう会社生命は絶たれるのは間違いないと思います。パナソニック経営陣の良心に期待します。創設者の松下幸之助氏は今頃どのように思っているのでしょうか。「明るいNational」家庭を電気で明るくするという意味だけではないと思います。

 

www.youtube.com

 

 

金融リテラシー

 金融リテラシーという言葉を聞いたことあるでしょうか。大半の方は、聞いたことがないと思います。金融リテラシーとは、「お金に関する知恵や能力のことをいいます。これは、金融商品や金融サービスの選択、将来の生活設計などで適切に判断するために、最低限身につけるべき金融や経済に関する知識や判断力などを指し、社会人として経済的に自立し、より良い暮らしを送っていく上で欠かせない生活スキルとされています。」

 

日本の状況

 日本人は、金融リテラシーは低いとされている。なぜか日本ではお金の教育が一切行われていないからです。投資、利回り、複利効果などの言葉を親や学校の先生から聞いたことがあるでしょうか。以前ブログ「金の生る木」で記載したが、「昭和モデルは、いい大学を出て、大企業に就職し、その会社で定年まで勤めあげ、退職後、退職金と年金で悠々自適な生活をおくる。これが一般的なモデルだった。」そのようなモデルで生きていた親達の世代は、お金の知識をもっていません。当然そのような家庭で育つと、お金の教育は、受けれません。

 

海外の状況

欧米など海外では、小学校でもお金に関する授業が行われています。資産運用や金融に関する最低限の知識を、早い段階から学んでいるのです。また、親が子どもにお金を渡し、実際に投資を実践させていることも珍しくありません。

 

 

お金の価値観

 日本では、良いお金と、悪いお金となるものがあり、良いお金とは、「汗水垂らし労働したもの」と定義されており、悪いお金は、「不労所得(株式売買、投資信託など)」と定義されている。欧米で良いお金と悪いお金について質問しても、「お金に良いも悪いもない」と回答されるのが関の山だろう。堀江貴文などは、お金は「爪切り」みたいなもの只の道具であると言っている。

f:id:control0318:20210407135155p:plain

 

上表は、日本、欧米の金融資産構成です。日本の現金・預金の構成比率の高さが一目でわかります。ただでさえ、銀行預金の金利が低いのに、これでは、不労取得など夢物語です。銀行は、低金利でお金を預金させ、預金金利よりも高い金利でお金を貸し出しているのが現実です。国は、2001年に「貯蓄から投資へ」とスローガンに掲げ、2016年からは、「貯蓄から資産形成へ」が唱えられています。いまだに多くの日本人は投資に対して無関心なままなのです。

 

時代の変化

 日本は、社会主義で最も成功した国である。冗談みたいな話ですが、あながち間違いではないかも知れません。終身雇用、医療体制、年金システム本当によく整備されている国だと思います。確かに社会主義と言われれば、そうかもしれません。しかしそれは、平成時代までの話だと思います。終身雇用は破綻、増税、年金の減額、国の優しいゆりかごで戯れていればよかった、そんな時代は終わりをつげていると思います。自分の身は自分で守る。それが令和時代なのかもしれない。まずは、金融リテラシーを身に付け困難な時代に立ち向かう必要がある。現在、金融庁では、同庁が設置した「金融経済教育研究会」の研究報告書において、最低限身に付けるべき金融リテラシーとして、4分野・15項目を挙げています。

https://www.shiruporuto.jp/public/document/container/literacy/pdf/map201406.pdf

 

ユダヤ人の教え

ユダヤ人は大金持ちで成功者が多い」「ユダヤ人は優秀だ」こんなイメージを抱く人もたくさんいますし、実際にたくさんの成功者がいます。スターバックス、リーバイスの創業者はユダヤ人(ユダヤ系を含む)ですし、アインシュタインユダヤ人。世界人口のわずか0.25%のユダヤ人が、ユダヤ系を含めるとノーベル賞受賞者の20%を占めているといわれています。『フォーブス』の長者番付で常に上位を占めているのもユダヤ人です。ユダヤ人の成功の根幹にある「タルムード」なるものがある。それは、ユダヤ教の口伝律法と学者たちの議論を書きとどめた議論集で、古代ヘブライ語で「学習」「研究」を意味する。答えのない説話も多く、タルムードを読み、親と問答を繰り返すことで、「なぜなのか」「自分ならこうする」と、多面的な視野や、独自のアイデアを生み出していく。その議論週の中から1つ紹介しようと思います。「金がありすぎる人間は、獣のように警戒心が強くなるが、金が全くないと、なりふり構わない本当の獣になる。」⇒心身とも健全でいるためにはある程度のお金が必要であると考え、「心の平穏は財布次第」より現実をみていると言えます。このような格言が多くあり、幼少よりこのような議論をしていることが、ユダヤ人の成功の秘訣かもしれません。